マレーシア不動産投資、売買、賃貸、内装、管理、運営に関して、日本式サービスを提供する専門会社で、マレーシア法人設立、運営サポート、税務コンサルティングも、TOMORROWは全力サポート致します。

マレーシア不動産投資、売買、賃貸、内装、管理の専門会社。

info@tomo-my.com

マレーシアと日本の端午节

今日はマレーシアと中国の端午節(たんごせつ)の日です。
マレーシアと日本の端午節(たんごせつ)は、どちらも伝統的なお祭りであり、文化的な重要性を持っていますが、それぞれに独自の特徴があります。

マレーシアの端午節(ハリ・リアヤ・パサール)は、主にマレーシアの華人コミュニティで祝われるお祭りです。この祭りは、中国の端午節(端午节)に由来しており、マレーシア独自の要素を取り入れています。マレーシアの端午節では、競争力のあるドラゴンボートレースが行われることが特徴的です。ドラゴンボートは長い競技用のボートで、複数の人が力を合わせて漕ぎ進むスポーツです。また、マレーシアでは、粽(ちまき)と呼ばれるもち米のパッケージが特別な食べ物として人気です。粽には、肉やナッツ、豆などが詰められ、葉で包まれて蒸されます。これらの特徴的な要素が、マレーシアの端午節を他の地域と区別する特徴となっています。

一方、日本の端午節は、日本の伝統的なお祭りであり、子供の成長と健康を祝うために行われます。日本の端午節は、主に五月五日に行われることが一般的です。この日には、子供たちに力強さや勇気を与えるために、鯉のぼりを立てることが一般的です。鯉のぼりは、鯉の形をした風船や旗で、風になびく様子が子供たちに元気を与えるとされています。また、端午節には柏餅(かしわもち)と呼ばれるもち米のお菓子が食べられます。柏餅は、桃の節句や端午の節句に食べられる伝統的なお菓子で、柏の葉で包まれたもち米の中には、甘いあんこが入っています。

これらの要素からわかるように、マレーシアと日本の端午節は、祝われる日や行われる行事、食べ物などにおいて異なる特徴を持っています。それぞれの文化における伝統や価値観が反映されているため、興味深い比較対象となります。

TOMOちゃんはマレーシアのスローライフを送りながら、皆様に日本レベルのサービスを提供してます。

マレーシア不動産投資、売買賃貸内装管理運営に関して、日本式サービスを提供する専門会社で、マレーシア法人設立、運営サポート、税務コンサルティングも、TOMORROWは全力サポートします。

Tomo Social Media
上部へスクロール