マレーシア不動産投資、売買、賃貸、内装、管理、運営に関して、日本式サービスを提供する専門会社で、マレーシア法人設立、運営サポート、税務コンサルティングも、TOMORROWは全力サポート致します。

マレーシア不動産投資、売買、賃貸、内装、管理の専門会社。

info@tomo-my.com

購入に関するお役立ち情報

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

アサナ トロピカーナ

(Assana Tropicana)

Tomorrow Logo
種別 リゾートサービスアパートメント
マレーシア エリア ランカウィ
開発会社 Cenang Resort Sdn. Bhd.
所在地 Jalan Pantai Cenang, 07000 Langkawi, Kedah
基本情報 総戸数831戸 (39階建て)
タイプ間取り参考価格(JP¥)参考価格専有面積
タイプ BStudio1,878万円RM 601,00043m²
タイプ AStudio1,563万円RM 500,00035.3m²

物件写真

もっと見る

设施写真

もっと見る

物件間取り

物件詳細

POINT

政府特別許可!外国人購入最低制限50万リンギット希少物件。

設備・条件
ゴルフ場近い、プール、ジム、先行販売、永久所有権 ジャグジー スカイバー スカイサウナ AVラウンジ ビジネスラウンジ シガーバー 多目的ホール ランドリーエリアなど
コメント

「Assana Tropicana(アサナ・トロピカーナ)」は、マレーシアのTOP10デベロッパーのトロピカーナグループが免税島のランカウイのCenang Beachに開発マンション・ホテル・商業総合施設の一期目として、2025年に誕生を予定している、39階建て、全831戸の高級リゾート・サービスアパートメントです。

本物件は、クアラルンプールから飛行機で1時間にあるデューティフリー島(免税島)のランカウイの一番人気な海辺(チェナンビーチ)に位置します。マレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶランカウイ諸島は99の島からなり、 太古の森と蒼い海に囲まれたリゾートアイランドです。伝説の島、ユネスコの世界ジオパークとしても人気です。ランカウイ島の年間訪れる観光客が360万人超え、Le Tour de Langkawi、KFC Langkawi International Regatta、IRONMAN、Oceanman、Langkawi International Maritime and Aerospace Exhibition (LIMA)など世界有名なイベントも定期的に開催され、世界有数な観光・リゾート地として名を知られてます。豊かな自然の中に、落ち着いたビーチが数多くあり、この中に有名リゾートホテルがいくつもあります。この落ち着いた島のリゾートホテルで、ゆっくりとした時間を過ごすことができるのがランカウイ島です。

アサナ・トロピカーナは、コンドミニアムや半プライベートビーチ、レストラン、免税店、5つ星ホテルなどを備えたリゾート型のコミュニティとなる予定で、クアラルンプールからは一日40−50便飛んであり、マレーシア国民の休暇名所として利用率が高い一方、中国を含め、東南アジア諸国のシンガポール、タイ・ベトナム、インドネシアからのアクセスとても便利で、年々訪れる客が増えてます。ランカウイのホテルは通常時に6−7割の宿泊率あり、ピークシーズン時は、満室含め、ホテル宿泊料も通常時の3倍以上高騰することもあります。このような宿泊施設供給不足のマーケットの中に、アサナ・トロピカーナは最初から民泊業者の利用許可を決めてあり、収益物件としても毎年8%以上の収益率を見込めます。

アサナ・トロピカーナは政府の特別許可を得て、外国人投資家の購入制限が50万リンギット(1300万円)の特別物件として販売許可されます。しかも、先行予約段階だけ特別に早割り7%(2%割引+5%州政府購入税免除)をもらえ、割引後1100万円台からこの最強のセカンドホーム+賃貸収益物件を手に入れます。

TOMORROWは日本にあるパートナー会社と現地サポートを提供してる上に、マレーシアで自社の物件管理チームと民泊運営チームがしっかり運営管理サポート体制を整えてあり、オーナー様が海外別荘として利用できる一方、利用予定の無い時期に賃貸収入もしっかり得ることが可能な「ダブル・メリット」パッケージを提供しております。

東南アジア優等生のマレーシアの最高なリゾート・サービスアパートメントを構えることが、このグローバル自然環境激しい変化の中の選択肢の1つとしてTOMORROWが貴方にお勧め致します。

物件マップ

物件VIDEO

周辺エリア

問合せ

Header of TOMO Form
上部へスクロール